FC2ブログ

ドドっとドット@sjournal

皆さんはドット絵が好きですか?


私は好きです。

スーパーファミコンやら
GBAやらを嗜んだ世代なので
ドットには深い馴染みがあります。
それを差し引いてもドット絵が大好きです。

自分は利き手の矯正を失敗したため
まともに線が引けないので絵が描けないと
心の中で割り切ってしまっているので
ドット絵が主な作品の表現方法になってます。

ハッキリ言ってドットはめんどくさい。
絵と違い1ドット1ドットをチマチマ構築する作業なので
そこそこの規模のものを作るにはかなり時間がかかるし
表現方法も難しい。

まあ私は独学アマチュアでやってるので
専門知識は皆無なため
それっぽいことを言うのはやめておきます。

自分のドット絵は完全我流です。
MOTHER3を見て輪郭を学び
他はタオルケットシリーズを見て
憧れと共に学びました。

タオルシリーズのドットも
割と我流的な作り方で
それを見て学んだので
受け継いで型が変わりまくった
流派みたいになってます。

多分ちゃんとしたドットを作れる方は
ある程度ラフを構築して
少ない色から段々色を増やし
アンチエイジング?をしていくんだと思います。

自分はラフを作る能力も無いし
色もよく分からないので
テキトーに思いついた部分から作って
後はノリと勢いで作ります。
色はとりあえず淡い色にしときゃ
おしゃれじゃね?と思ってます。
影の付け方もよくわかんないので
端とふちを若干濃い色にしています。

こうして彼らが完成します。
hhhhh.png

てきとーですが
ドット絵は違和感があれま1マス1マス
丁寧に修正すればいいので
根気とこれで大丈夫!って自信があれば
それなりのものは出来ます。

自分は絵が描けないので
手とか書けないし
体のバランスとか意味不明なので
顔と体しか作れません。
でもこれでゲームとして成立するから
私の勝ちです。多分。

ドットはいいですね。
細かな集合体が織りなす美です。
蟻と似ていますね。
小さな存在が身を寄せ
技術、努力が協力し表現として存在する。

それっぽいこと言いたかっただけなので
多分蟻のたとえはあまり良くないですね。

でも自由度は絵の方が断然上なので
私は絵を描けるようになりたいです。
が、努力が苦手なので難しいです。

なのでドット絵を突き詰めようかなと
思うのですが我流で行き過ぎたため
今更真剣に学んでも多分吸収できそうにない。

まあ全部言い訳なんですが。

我流でテキトーにドットするのが最高です。
毎日ドットをしていますがそれは苦行です。
でも積み重ねはきっと大事。


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Credit
Background vector created by Lembrik - Freepik.com