FC2ブログ

5月× 6月◯ 公開予定ゲーム シニサギ 内容紹介 @sjournal



あなたは死にたいと思ったことはありますか?




phopo.png


おっと

初対面でこんな質問は不躾だったでしょうか?


まあ

誰しも考えたことはあるとは思います。


誰しもは言い過ぎ?

確かにそうかもしれませんね


ともかく濃度は違えど

人は生きてる中で何度かは

死にたいと思うものです。



ん?

ああ 挨拶が遅れました。


こんばんは

殺し屋です。


おや失敬

殺し屋なんて言ったら身構えてしまいますよね。


ですが安心なさってください

殺し屋と言っても

依頼されたターゲットを暗殺する

と言った世間のイメージとは違います。


私どもが殺害するのはお客様自身です。


簡単に説明するとですね…

死にたいと思っているお客様を

最小限の苦痛、恐怖で殺害するお仕事です。


死にたいと言っても

やはり自殺するには抵抗感ってありますよね。


方法にもよるでしょうが

痛みもあるかもしれないし

恐怖は死亡に至るまで付きまとってきます。

そして失敗の可能性

自殺により身内に降りかかる損害。


そう言ったリスクを考えると

やはり自殺にはなかなか踏み切れません。


死にたいのになかなか死ぬことができない

不便な世の中です。


そんな方々に救いの手を差し伸べるのが

私達殺し屋です。



具体的な説明に移りましょうかね。


死にたいお客様には

自身にあったコースを選択してもらい

死亡して頂きます。


A~Cコースが存在しますが

現在B、Cコースはお休み中です。

ご了承くださいませ。



さて

Aコースの説明をしましょうか。


AコースはAと言うだけあって

至極シンプルなコースです。


お客様と契約した次の日の正午より

私達殺し屋の殺害がランダムで

お客様に行使されます。


これだけじゃご不明の点も多いでしょう。

要点をかいつまんで説明していきます。



まずお客様に契約を結んで頂きます。


契約と言っても

悪魔との契約みたいなものではありませんよ?

安心してください。


契約前にコース内容、免責事項の説明

本人の意思確認等を行なった上で

書面による契約への合意を行い

私共に料金を支払って頂くことにより

契約は成立しコースが施行されます。



次に殺害についての説明です。


私共は殺し屋を名乗っているだけあって

殺しには自信があります。

それ故にお客様に最高の死を提供できるよう

全力を尽くします。


最高の死とは具体的に説明しますと

死亡する際に一切の痛みが伴わない

そもそも殺害されたことにも気づかずに

何も感じることなく死亡できる

と言った感じでしょうか。


殺害した際の外傷を極力無くすなど

軽微な努力も惜しみません。


私共が殺し屋で

卓越した技術を持ち得るからこそ

成し得る殺害なのです。


私共は誇りと責任を背負い

殺害を行います。



さて

殺害にはご理解頂けたと思うので

次の話に移りましょうか。


Aコースの説明を聞いて一番

理解しがたい部分があったと思います。


殺害がランダムでお客様に行使される。


と説明しましたが

一体なにがランダムかと疑問に思いますよね。


その部分を詳しくご説明したいと思います。


何がランダムかと言うと

殺害時間がランダムです。


私共が契約後にお客様を

いつ殺害するかランダムに決定します。

それをお客様には絶対に知らせません。


つまり契約が成立た次の日の正午から

いつどこで殺されるかは

分からないと言うわけです。


正午から10秒後かもしれないし

10日後かもしれません。


分からないのはこの説明だと

仰る方もいるかもしれません。

あとでわかりやすく図解して載せておくので

ご参考になさってください。


まあ

簡単に説明しなおすと

契約した次の日の正午がスタートで

ゴール… 言い換えると殺害

がなされる時刻がランダムと言うわけです。


スタートからゴール

すなわち死ぬまでの期間を私共は

殺害前期間と呼んでいます。


殺害前期間はご自由に

お過ごしいただいて構いません。


なので買い物、観光中、睡眠中など

殺害される時の状況は様々です。


いかなる場所、状態でも

時間がくれば私共は殺害を行使します。


そして

なぜ時間がランダムかと疑問に思うでしょう。

それはお客様の心情を考慮した故での方法です。

例えば10時にあなたは殺されると

宣告されているとしましょう。


時間が迫るにつれ
死に対する恐怖が湧いてくると思います。
きっと段々首が絞めつけられるような感覚でしょう。

何時殺されるか分かっていると
死が差し迫る恐怖を感じざるを得ないのです。

それ故に私共は殺害時間をランダムにし
お客様に伝えないことで死の差し迫る恐怖を
あまり感じることなく死んで頂くことが可能です。

しかし
何時殺されるのか分からない恐怖もあると思います。

人間死ぬときはどうしても恐怖はぬぐい切れません。
私共はお客様に極力苦しまず
死んでもらうことを目標としています。

それ故に恐怖度を比較し
日時を定められた死より
何時殺されるか分からない死の方が
恐怖度的にマシだと判断したため
この様な形となりました。
ご了承ください。

以上がAコースの説明です。
お分かりにくい所があれば遠慮なくご質問ください。

それと
より分かりやすいよう
Aコースを図解しましたので
そちらも良ければご参考にどうぞ。

*クリックで拡大
dsgssg.png


次にシステムについての説明です。

もしお客様が殺害されても事件にはなりません。
いかなる場所、場合でもです。

契約後、私共が国に手続きを行い
お客様は国に殺害志望者と認められ
殺し屋のお客様に対する殺害は合法的に可能となります。

つまり
殺し屋であっても
殺害志望者と認められていない人を殺害すると
犯罪とみなされ逮捕されるでしょう。

この手続きが殺し屋が殺害を
合法的に可能としているのです。

もちろん合法だからと言っても
煩雑に殺害するわけでなく
周りの人や場所に配慮し
極力殺害したことを感知されぬよう
お客様を殺害致します。
ご安心ください。


さて
次は注意事項の説明となります。

まずは免責事項ですね。
資料通りに説明すると

お客様が生前又は殺害前期間に起こした

事故や賠償等はこちらでは責任を負いかねますので

あらかじめご了承ください。

賠償責任等はご遺族が負担する形となります。


とよく見かける文章になります。

殺害は責任をもって行いますが
生前起こした問題は責任負いませんよってことですね。

やはり
死ぬ間際になると人間性がモロに出ます。
犯罪行為に走る方も多少は見られます。
その辺はご自身の責任でと言った次第です。


そして
次は殺害が停止又はキャンセルする状態についてです。

まずは殺害の停止についてです。

1つは私共が殺害するより先に
お客様が死亡した場合です。

お客様が死亡している以上は
私共はどうすることもでき無い故に
お客様への殺害は停止となります。

死因は基本的には問いません。

また
この場合は私共の殺害遂行の失敗として
一部料金をご返金致します。
当人は死亡しているので
相続人に払われる形となります。

2つ目は
お客様が事件等を起こし逮捕された場合です。

この場合
お客様の殺害志望者として登録されていた状態が
凍結され合法的に殺害を行えなくなってしまうのです。

それ故にお客様への殺害を停止せざるを得ないのです。

もし釈放された場合は凍結が解除されるため
お客様に対する殺害は再開します。

あと
死刑などでお客様の登録状態が凍結されたまま
死亡した場合は
ご返金の対象となりませんのでご注意ください。


最後にキャンセルについてです。

人間は不安定な生き物故
最初は死にたいと思っていても
やっぱり生きていたいと心変わりするかもしれません。

そのような方のために
殺害前期間であれば殺害をキャンセルすることが可能です。

キャンセルは電話でも直接言いに来てもどちらでも大丈夫です。

ただし
キャンセルにはキャンセル料が発生致します。
その点ご注意ください。

キャンセル後
また死にたくなった場合は
再開というわけにはいかず
再度契約してもらう必要があります。


・・・とりあえず
大まかな説明はこれぐらいでしょうかね。


ああ あとオプションについてです

便利でお得なオプションを追加することが出来ます。

例を挙げると
葬儀場や遺影撮影、墓石の割引などがあります。
各種業者と提携しているのでぜひご利用ください。

殺し屋利用代理伝言サービスな
お客様が殺し屋を利用して死亡したと

ご遺族や知り合い等に私共が代理で伝えるサービス

などがあり別途料金が発生しますが

便利なオプションサービスもございます。


沢山ありますのでご興味が湧いたら是非ともご利用ください。




とりあえず長くなりましたが

こういった感じです。


どうですか? 殺し屋。


ご利用になりませんか?


え...

ならない


そうですか


まあそれもまた選択肢の一つです。


・・・ではまた会いましょう。

失礼します。



殺し屋ドキドキコメディゲーム

シニサギ 5月に配信予定


GWが忙しかったので予定より遅れます。


上の文章はゲームの内容を表した

フィクションです。

真に受けないでください。


こんな長い稚拙な文章を読んでいただき感謝です。



作品スクショ
pcが壊れたのでそのうち追記


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
Credit
Background vector created by Lembrik - Freepik.com